×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

スーパーイントラレーシックの手術での注意

スーパーイントラレーシックは、手術後すぐに高い効果を得ることができ
るので翌日には裸眼視力が1.0以上に、回復することがあります。しかし、
イントラレーシックの術後、フラップはすぐには接着しないので、注意が
必要です。
スーパーイントラレーシックの手術後は眼を清潔にしなければいけませ
ん。1週間ぐらいは眼鏡をかけるべきです。また、イントラレーシックの
手術後数日間は感染症にも注意が必要です。
睡眠時には無意識のうちに眼をこすったりすることがあるので、イントラ
レーシックの述語1週間ぐらいは,眠る時に保護用のカバーをする必要が
あります。イントラレーシックの術後に使う眼鏡や保護用カバーなどは、
無料でもらえたり貸し出してもらえたりします。
スーパーイントラレーシックの手術後は、感染症を予防するためにも出来
るだけ外出を避けたほうが無難です。特に,夜の車の運転は、見え方に
慣れるまで極力控えてください。

イントラレーシックの後遺症は?

イントラレーシックの手術を受けると、後遺症や合併症を起こすことが
稀にあります。そのひとつにハロ現象というのがあり,それは,夜間に街灯
の明かりを見たときに、光がかすれて霧がかかった様にみえる状態です。
それでも、イントラレーシックはレーシック比較して、ハロ現象の発生割合
は非常に少なくなりました。
イントラレーシック手術の後遺症として,老眼と同じように近くの文字が見
づらくなることがあります。このようにイントラレーシックの後遺症や合併
症が起こることもありますが、レーシックとちがって手術後1週間から3ヶ
月程度で直ることがほとんどです。
イントラレーシックの後遺症としてはもうひとつ、ドライアイになったり
不正乱視になるケースもあるようです。また、感染症を起こして、眼球
が白くにごることもあります。イントラレーシックの術後に少しでも不安
を感じたら,すぐにかかりつけの医師に相談しましょう。再治療が必要
になる場合も,ごく稀にあるようです。

スポンサードリンク

イントラレーシックのメリット

イントラレーシックのメリットのひとつは、眼鏡やコンタクトの必要がなくなった点です。スポーツをする方にとってはとても重要なことです。
一般の人たちにも、怪我やわずらわしさから解放されるてんです。イントラレーシックによって視力が回復することで、一定以上の視力を
必要とする職業につくこともできるようになります。
イントラレーシックの手術の時間は非常に短くて、入院の必要がない場合が多い点もメリットです。イントラレーシックの手術中に痛みを
感じることもありません。そして、長い目で見るとイントラレーシックの費用も割安だといえます。なぜなら、使い捨てのコンタクトレンズを
長期にわたって使用しても、結構な費用となるからです。
イントラレーシックは視力回復や術後の回復がはやく、強度の近視の方や、乱視も治療が出来るのでイントラレーシックは技術面や
矯正効果、安全性を考えると非常に多くのメリットがある、と言えます。

Copyright © 2007 スーパーイントラレーシックの手術